FX自動売買システムを選ぶには?

FX自動売買システムを選ぶには、まず、チャートやテクニカル指標の基本的な知識が必要です。

FX自動売買システムの売買シグナルは、チャートやテクニカル指標の数値の変化で売りや買いのシグナルを出しているからです。

自分が選択するFX自動売買システムがどんな局面で売買シグナルが出るのかを理解しなければ、自分の投資スタイルとの整合性が掴めません。

また、自分が選択するFX自動売買システムの基本的な戦略を理解していなければ、そのシステムを手仕舞うタイミングが解りません。

FX自動売買システムの基本的な戦略は、クロス系・ブレイクアウト系・パターン系・アービトラージ系に分類できます。

クロス系の基本は、ゴールデンクロスで買い・デッドクロスで売るという戦略で、1分足〜週足までの時間軸の中で狙う時間軸が決められます。

ブレイクアウト系は、ボックスチャートから上下に離れるタイミングを狙うなどの戦略がメインとなります。

また、パターン系は様々ですが、例えば、RSIと移動平均線との乖離率で一定のパターンで売買するなどの戦略です。

最後のアービトラージ系は、2つの指数の割高局面と割安局面を両建する戦略です。

これらの戦略を理解した上で、自分の相場観に近いシステムを選ぶのか、反対にヘッジ手段として自分の相場観と真反対のストラテジーのシステムを選ぶのかの選択となります。

また、最近はFX自動売買システムの過去のシュミレーションを公表している場合が多く見受けられますので、公表されているシュミレーションの累計損益がプラスであることも重要なポイントと言えます。

更に、システム開発からの年数が短いことも重要なポイントと言えます。

一般的に開発からの年数が古いシステムの成績は落ちる傾向が有るからです。