お得に始められるキャンペーンピックアップ情報

FX初心者入門での人気口座

DMM FX

FX口座数国内第1位※1を獲得したDMMFX。 テレビCMや雑誌などでタレントのローラさんが出演しているのが印象的で、多くのユーザーから支持を集めている会社です。
DMMFXはスプレッドの狭さはもちろん、スマホアプリの見やすさや取引ツールの使いやすさが高い評価。
FX業界初のLINEでオペレーターとやりとりできるサービスなど、初心者に対する手厚いサービスが非常に魅力的。 初心者に大推薦の口座です。

※1. ※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

GMOクリック証券

最高峰の低スプレッド(米ドル/円 0.3銭原則固定)も人気の一つですが、現在の世界経済の動きの中でバイナリーオプションの『外為オプション』の人気で爆発的に口座を伸ばしています。

最大損失は購入金額と同額で、スマートフォン完全対応でいつでもどこでも相場予測できるので、『外為オプション』を使うためにもぜひとも持っておきたい口座です。ワンクリックで発注・決済できるスピード注文も人気の一つで当サイトの窓埋め戦略の推奨口座です。

外為オンライン

業界老舗の外為オンラインは誰でも一度は聞いた事のある老舗FX業者。トレーダーなら必ず持っているこの口座の特徴は何と言っても直感的に取引できる取引ツールにある。

編集部のトレードもここから始りました。それはコチラを参考にしてください⇒実際の取引ってどんな感じ?

過去4年間もの長い間全てのトレーダーに支持されている直感的取引のトレードツールを5,000円のキャッシュバックを貰って始めてみてください。

その他の比較


3月16日米FMOCを受けての為替の動き

米国の中央銀行である連邦準備制度理事会、通称FRBは16日の連邦公開市場委員会FMOCにおいて金融政策の現状維持を決めました。

昨年12月米国は7年ぶりにゼロ金利政策を転換して政策金利を0.25%から0.5%へと引き上げましたが、今回新たな金利の引き上げを見送りました。

会議後のイエレン議長の記者会見によれば、海外経済の米国経済に対する影響を考慮した旨の発言があり、中国の景気後退、新興国の景気減速、原油を初めとした資源価格の値下がり、

  • 欧米
  • 日本
  • 中国

などの主要株式市場の乱高下など、世界経済のリスクに配慮した形となりました。

昨年12月には年4回とされた年内の利上げも、今回は2回程度の見直しと見通しも変化しました。 12月の利上げ後雇用統計を除き弱含みの経済統計の指数が散見され、米国経済は大丈夫か、年4回の利上げに耐えられるのかと、年4回の利上げを画策するFRBと米国経済の先行きを懸念する市場の間で対話にずれが生じていましたが、今回の会合でFRBは市場の認識に沿った形の穏健な利上げ方針を表明しました。

市場ではフレンドリーでハト派的な内容と受け止め、欧米を中心とした株式市場は堅調、金融市場は比較的落ち着いた動きを示したと思われます。

さて為替市場ですが、17日の早朝東京外国為替市場のドルの対円相場は前日の113円台から112円台後半へと円高へと進みました。

午前中株式市場の値上がりもあり、円安方向に戻りかけた場面もありましたが、午後からは急激に円高が進み夕方5時ごろには111円74銭、前日と比べて2円近い円高となりました。
株価も前日の米国株高を受け午前中堅調に推移したものが、午後には大きく値を崩し下げに転じました。

為替が円高に転じたのは、3/16のFMOCにより米国の利上げが年内2回程度、緩やかな形で進む見込みとなり、日米の金利差が広がらないだろうというコンセンサスが市場に流れたためと思われます。

直前の日銀の会合で新たな金融緩和がなされなかったことも、その見通しを後押ししています。 日銀による金融緩和は継続され、アメリカは金利の上昇が見込めるわけですが、日米の金利差は広がらずそれは円高要因と今の市場は見ています。

事実日本時間17日夜半には円高が更に進み、一時は110円台まで値上がりしました。

根底には世界経済の根強い不安があり、安全資産への円買いが進みやすいこと、2012年から続いた円安も転換期を迎えているとの大きな相場観があると思います。

4月の日銀会合では追加緩和の期待もありますが、円の強含みが続きそうです。

>>前回のコラムを見る

FX初心者の皆様へ

FXには関心があるものの、難しそうでどうも始めにくいという方にも、FX入門編でしっかりとFXの表も裏もすべてをお伝えいたします。

また、失敗しないトレーディングのために、初心者トレーダーのための心得としてだれも教えてくれない本当の成功の秘訣を公開しております。失敗しないFX業者選びをするためにも、いまお勧めするFX業者の総合ランキングも作成しております。

これらを用いてあなたも成功する「勝ち組」のFXトレーダーとなることができるよう心より願っております。

試供品マーケティング